スキップしてコンテンツに移動する

No.009 グリラスパンケーキ
【コオロギの香りをお好みで】

調理時間:20分

グリラスのコオロギ原料を使ったレシピをお届けする“グリラスキッチン”
今回のレシピは、フタホシコオロギを食べやすく仕上げた「グリラスパウダー」を入れた、オリジナルパンケーキ!

パウダーの分量に応じてコオロギの香ばしい香りを調節することが出来るので、お好みで作ってみてください。

今回は甘い味付けを想定したレシピですが、表記よりパウダーを多く混ぜ込んでガレット風にアレンジするのもオススメです。

材料

  • グリラスパウダー
    大さじ1(★)
  • 小麦粉
    100g(★)
  • ベーキングパウダー
    小さじ1(★)
  • タマゴ
    1個(●)
  • 牛乳
    100ml(●)
  • グラニュー糖
    30g(●)
  • サラダ油
    大さじ1(●)
  • バター、メープルシロップ、ハチミツなど
    お好みで適量

つくりかた

  • ボウルに、(●)を入れてホイッパーで混ぜ合わせる。
  • ①に、(★)を入れて混ぜ合わせる。
  • フッ素樹脂加工の(テフロン加工)のフライパンを火にかけ、温まったら②をお玉1杯分流し入れて焼く。
  • 表面にふつふつと気泡ができてきたら、ひっくり返して裏面を焼く。
  • 焼き上がったら、お好みでバター、メープルシロップやハチミツをかける。

だからコオロギ!

コオロギは煮干しや干しエビのような、魚介系のうま味を持つためスイーツとは合わないと思われがち。そんなイメージを払しょくするのがこちらの「グリラスパンケーキ」です。

グリラスパウダーの持つ香ばしさには、コオロギの餌である小麦のフスマ由来の穀物っぽい香りが含まれています。このおかげで、実は小麦粉を使用するお菓子とは好相性なんです。

パンケーキのようなお菓子はどうしても脂質と糖質に栄養が偏りがちなので、そこをコオロギのタンパク質で補えるのもちょっと嬉しいですね◎

よくある注意ポイントですが、焼き加減にはご注意を。
中心に竹串などを刺して、生焼けじゃないことを確認してから召し上がってください!

Why Cricket?

今後発生するタンパク質危機と、現在先進国を中心に発生している食品ロス問題。その両方を解決するべく、グリラスでは食品ロスを餌に食用コオロギを育てています。

グリラスの取り組みを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。